2009年6月12日 (金)

【神楽舞】第105話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96 97 98 99 100 101 102 103 104   

第105話 オリキャラじゃないよ

 

「は……、んくっ」

喉の奥から出かかった吐息を呑み込む。

続きを読む "【神楽舞】第105話"

| | コメント (2)

2009年6月10日 (水)

【神楽舞】第104話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96 97 98 99 100 101 102 103   

第104話 ●REC

 

外の空気を吸いたくなって、部屋を出る。

ちゃんと空調は動いているはずなのに、地下という圧迫感のためか、息苦しさを覚えることは珍しくない。

続きを読む "【神楽舞】第104話"

| | コメント (3)

2009年6月 8日 (月)

【神楽舞】第103話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96 97 98 99 100 101 102    

第103話 ああ青春のカミングアウト

 

「……というわけです」

語り終わって見てみれば、悟史くんは呆然とした表情を隠そうともしなかった。

続きを読む "【神楽舞】第103話"

| | コメント (3)

2009年5月30日 (土)

【神楽舞】第102話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96 97 98 99 100 101   

第102話 さよなら絶望幼女

 

茜色に染まる、古手神社の境内。

桜の木の枝から吊り下がって揺られていたのは……、

 

梨花の、小さな身体だった。

 

続きを読む "【神楽舞】第102話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

【神楽舞】第101話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96 97 98 99 100    

第101話 今、そこにある鬼気

 

「きりーつ、れい。さようならー」

魅音の号令で授業が終わり、放課後となった。

レナが入院して以来、部活は中止になっているし、放課後となればお決まりの光景が繰り返されていた。

続きを読む "【神楽舞】第101話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

【神楽舞】第100話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96 97 98 99      

第100話 すごいよ!魅音さん

 

……園崎の人間じゃ、ない?

湧き上がった疑問、それをいま考えるべきことではないと頭の中に無理矢理にしまいこむ。

 

続きを読む "【神楽舞】第100話"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

【神楽舞】第99話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96 97 98

第99話 私はこの瞳で嘘をつく

 

先の見えない暗闇の中、私はひとり立ち尽くしていた。

自分がどこにいるのか、どこへ向かえばいいのか……全くわからない。

続きを読む "【神楽舞】第99話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

【神楽舞】第98話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96 97

第98話 圭一のライフはゼロよ!

 

鷹野さんから聞かされた話は、突拍子もないものだった。

だが……同じ突拍子もない話であっても、笑い捨てられる話とそうでない話というのがある。

続きを読む "【神楽舞】第98話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

【神楽舞】第97話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

第3部:復讐の神楽舞編
96

97話 『漢らしく』でいこう!

 

 

その報せを聞いて私がまず思ったのは……、

 

始まった。

 

ということだった。

続きを読む "【神楽舞】第97話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

【神楽舞】第96話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95

96話 なまえのないかいぶつ

 

 

 

 

本当の大嘘つきって、実はひとつも嘘をつかない。

 

その口から出る嘘は、全部が全部本当になるから。

 

だけどあなたは、ひとつだけ嘘をついた。

 

 

 Frederika Bernkastel.

続きを読む "【神楽舞】第96話"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

【神楽舞】第95話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 

第95話 希望を抱いて溺死しろ

 

近くの民家に駆け込んで監督に電話した。

監督は往診用の車ですぐに駆けつけ、レナは診療所に運ばれた。が、もう一度詳しく怪我の状態を調べた監督は、

「……ここでは、充分な検査ができません」

続きを読む "【神楽舞】第95話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

【神楽舞】第94話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93

第94話 約束された勝利の拳

 

「僕は先に帰って支度をしますのです!」

「おう、楽しみにしてるぜ!」

ほわほわと上機嫌の羽入と別荘地の前で別れて歩き出す。

続きを読む "【神楽舞】第94話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

【神楽舞】第93話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92

第93話 そこはかとなく最悪です

 

「ふ~ん……それはちょっと、意外な結論ですね」

私の仮説では、三四さんと小此木造園のこれまでの仕事はそれほど際だったものではない。

続きを読む "【神楽舞】第93話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

【神楽舞】第92話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 

第92話 そんな餌には釣られクマー

 

「んっ……」

頬に温かなものを感じて、そっと目蓋を開く。

……目の前、ほんの数センチ先に目を閉じた彼の顔。

続きを読む "【神楽舞】第92話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

【神楽舞】第91話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90

第91話 それはいろいろアウトだろ?

 

「悟史……、お前と俺は、同志だ!」

いまや形見となったにーにーの金属バットを手に、戦場へ向かうのはその瞳に悲壮な炎を宿した圭一さんだ。

続きを読む "【神楽舞】第91話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

【神楽舞】第90話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89

90話 108まであるひみつ

 

三四さんは、嘘をついている。

端的に言って……私、北条沙都子の結論はそれだった。

続きを読む "【神楽舞】第90話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

【神楽舞】第89話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 

第89話 研究終了のお知らせ

 

「諸君、いよいよ新学期である。厳しい冬を乗り越え、諸君はまたひとつ大きくなった。新学年となったこの機会に大きな志を抱いてほしい!」

続きを読む "【神楽舞】第89話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

【神楽舞】第88話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87

第88話 桜吹雪が舞う頃に

 

「あ……!」

 

春休み最後の日。

いつものように境内をお掃除しようと朝から古手神社に出掛けた僕は、石段を登りきった途端に絶句してしまった。

続きを読む "【神楽舞】第88話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

【神楽舞】第87話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 

87話 彼女の嘘と彼の嘘

 

「Kぇぇい、君に足りないもの、それは……ッ!」

とんでもない速度で砂塵をまきあげながら稲妻のように荒野を駆け抜けるのはタンクトップのナイスガイ、富竹ジロウ。

続きを読む "【神楽舞】第87話"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

【神楽舞】第86話

Kaguramai_2

第1部:四年目の祟り編
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第2部:嵐の前の日常編
最初から
  36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 

第86話 男なら、リックドム。
 

「あれ、圭一。どこか行くの?」

いざ駅に入ろうとしたところで、聞き慣れた声が俺の背中にかけられた。振り向いた先には俺の親友、北条悟史。

マズイ奴に見つかった、と一瞬思うのだが……見つかってしまったものはしょうがない。

続きを読む "【神楽舞】第86話"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

【神楽舞】第85話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84

第85話 デザートフェスタへようこそ!

 

「フッキフキ!」

「フッキフキ!」

「フッキフキ!」

「フッキフキ!」

 

続きを読む "【神楽舞】第85話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

【神楽舞】第84話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83

第84話 エンジェルモートへようこそ!

 

疲れているのかもしれない。

正直そう思う。

いまさら魅音のふりを続けるのが疲れるなんて、一年前の自分なら想像もつかなかったと思う。

でも、ちょっと想像してみてほしい。

続きを読む "【神楽舞】第84話"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

【神楽舞】第83話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82

第83話 容疑者・園崎魅音

 

「お、やっぱバレンタインのチョコはハート形に限……、ぐ、う……うぅぅ……っ!?」

突然苦しみだした圭一!

「犯人は、この中にいる……!」

続きを読む "【神楽舞】第83話"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

【神楽舞】第82話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81

第82話 被害者・前原圭一

 

「……誰がやったんだ」

僕は呆然と床を見つめながら拳を強く握りしめた。

教室の床に引かれた白線は、大の字に横たわる人の形を模していた。

そう、たった数分前まで……ここには僕の親友、前原圭一が倒れていた。

続きを読む "【神楽舞】第82話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

【神楽舞】第81話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80

第81話 アホでもいいと言ってくれ

 

誤解のないように言っておこう。

いくら惨劇の昭和58年6月があと数ヶ月先まで迫っているからと言っても、なにも深刻なことだけ考えて過ごしているわけじゃない。

そんなことは思ってもみなかった?

続きを読む "【神楽舞】第81話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

【神楽舞】第80話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79

第80話 アホの子だって考える

 

「……寒」

なにか寒いな、と思いながら目を醒ますと、布団の中には誰もいなかった。我が前原家には電子毛布も湯たんぽもないので、夜中における最高の暖房器具は人間だ。

いっそこたつで寝たいけど、羽入とレナが烈火のごとく怒るからお昼寝だけにしている。

なので、起きたら誰もいないという事態は少ないが……。

続きを読む "【神楽舞】第80話"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

「綿の流れる先」

いただきもの「綿の流れる先」

 

 

……どうして俺達は……こんな所まで来てしまったんだろう……。俺達の、世界は…………。

「何一人でブツブツ言ってるのさ、圭ちゃん?」

「あ、いや、何となく」

暗いトンネルの中を車がひた走る。そしてトンネルを抜けるとそこは……。

続きを読む "「綿の流れる先」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

「精霊馬」

いただきもの
「精霊馬(しょうりょううま)」

 

 

お盆。正確には、盂蘭盆会(うらぼんえ)と呼ばれる仏教の行事である。

目連尊者(もくれんそんじゃ)という釈迦の弟子が、餓鬼道に堕ちた亡き母を哀れんで釈迦に助けを請い、供養をする事で母を救ったという話に基づいた物で、旧暦では七月十五日、明治以降の新暦では八月十五日から行われる。

死者の魂があの世から帰って来るとされ、盆提灯や迎え火、送り火、精霊流しや灯篭流し、盆踊り等を行い、亡くなった人の魂を迎え、送る。

続きを読む "「精霊馬」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

「さとこがんばるっ!!」

いただきもの
「さとこがんばるっ!! ~ポロリもあるよw編~」

   

   

皆さん、ごきげんよう。私、雛見沢のトラップマスターこと、北条沙都子でございますわ。これからお話しするのは、先日起こった、とある騒動のお話ですの―――。

   

続きを読む "「さとこがんばるっ!!」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

「罪滅し Reverse」

いただきもの「罪滅し Reverse」

それはある夏の暑い日の出来事だった。

夏休みに入り、ますます野に山にと駆け回る、私達部活メンバー。

今日は雛見沢で花火大会が行われるとあって、綿流しのお祭りの時の様に七凶爆闘を行うべく、前日から打ち合わせをしていた。

続きを読む "「罪滅し Reverse」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

「観察レポート07号」

小説大賞落選作品「観察レポート07号」

 

どうして唐突にそんなことを思い立ったのか、正直言えば自分でもよくわからない。夏休みの宿題にゃまだ早いし、そもそもそんなことをする意味がない。たぶん寝ぼけた頭の中で、どこかの配線が変なところにつながっちまったんだろう。

とにかく、朝起きたらそんな気分だったのだ、としか言いようがない。

続きを読む "「観察レポート07号」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

「羽入は俺の嫁」

小説大賞落選作品 「羽入は俺の嫁」

 

俺の名前は前原圭一。

ごく最近雛見沢に越してきたばかりのわりと普通の男子というか、まぁそんな感じだ。

雛見沢はそりゃあドがつくくらいの田舎だけど、都会にはうんざりだったし村のみんなが親切だから、すぐになじめて引っ越し最高って気分を味わっているところだ。

続きを読む "「羽入は俺の嫁」"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

「一睡の夢」

小説大賞落選作品「一睡の夢」

 

それはまさに、青天の霹靂。

「東京から来ました、前原圭一です。よろしく!」

黒板の前に立っているのは、見たこともない少年だった。

『あぅ……なんだか、珍しいことが起きたようなのです』

私の後ろで、羽入も不思議そうな顔をしている。

続きを読む "「一睡の夢」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

【神楽舞】第79話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78

第79話 そして、最強の男

 

「寒ぃな……」

別荘地の入り口でぽつりと呟く。

あまり大口開けてしゃべると、余計に冷たい空気を吸い込むはめになるから外では口の動きを最小限にする。

俺も雛見沢の冬の過ごし方ってやつが遅まきながら身について来た気がするな……。

続きを読む "【神楽舞】第79話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月31日 (日)

【神楽舞】第78話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

第78話 最強と呼ばれた男

 

「らぁあああぁッ!」

叩きつけた拳が、固められた雪の壁に亀裂を生じさせる。

だが、まだだ。……まだ足りない。

……これで何発目だ?

続きを読む "【神楽舞】第78話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

【神楽舞】第77話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

第77話 千年前からずっと

 

「……なるほど。それは確かに様子がおかしいね」

ようやく正月が過ぎて身体のあいた魅音さんのお家にお邪魔して相談したら、すぐに同意してくれた。

「なにがあったのかは言わないんだね?」

続きを読む "【神楽舞】第77話"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

【神楽舞】第76話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75

第76話 あけまして宣戦布告

 

「おいしい……」

三四さんの薄味のお雑煮は、初めて食べる味のはずなのになんだか懐かしかった。

もしかしたら、よくは思い出せないけどお母さんが作ってくれたお雑煮の味にちょっと似ているのかも知れない。

続きを読む "【神楽舞】第76話"

| | コメント (11)

2008年8月22日 (金)

【神楽舞】第75話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74

第75話 SだからMになれない

 

「さてさて諸君!」

詩ぃちゃんはなにごともなかったかのように明るい声で、元気に拳を突き上げる。

彼女本来の口調ではなく“部長・園崎魅音”を演じて。

続きを読む "【神楽舞】第75話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

【神楽舞】第74話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

第74話 MじゃなくてSでした

 

「おじゃましま~す」

靴を揃えて、そう挨拶したら魅ぃちゃんはひらひらと手を振って笑顔をみせた。

「いいのいいの。今日は婆っちゃ、いないからさ」

続きを読む "【神楽舞】第74話"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

【神楽舞】第73話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72

第73話 強さをもう知っていた

 

組み合わせは、くじ引きで決まった。

まず戦力のバランスをとるために、飛び入りの大人四人、圭一&悟史の男子二人と、鷹野を含めた女子六人の二組に分かれる。

それから僕たちがくじを引いて、パートナーが決まる。

続きを読む "【神楽舞】第73話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

【神楽舞】第72話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71

第72話 最後まで笑ってる

 

カーテンを引く音と歓声で目が覚めた。

「うぉおおおおッ!?」

窓のそばに立つ圭一が叫び、あろうことか窓を開ける。

寒風が吹き込むのも構わず身を乗り出した。全裸で。

続きを読む "【神楽舞】第72話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

【神楽舞】第71話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70

第71話 カレー色に染まれ

 

「……レナさんや」

自室(というか梨花&羽入の部屋)にテーブルを出して宿題らしきものを広げていたレナに声をかける。

「なにかな、圭一くん?」

続きを読む "【神楽舞】第71話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

【神楽舞】第70話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69

第70話 毎日がカレー曜日

 

「……ん? どーした、悟史」

悟史は向かいの席に座る俺を見て、目をひん剥いていた。

「ど……、どうして」

続きを読む "【神楽舞】第70話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

【神楽舞】第69話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68

第69話 僕たちの哀歌

 

再び、診療所地下の会議室にて。

「すいません、僕が未熟なばかりに……」

そう頭を下げたら、イリーはそれを手で制した。

続きを読む "【神楽舞】第69話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

【神楽舞】第68話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67

第68話 男たちの挽歌 

 

それは、蛍光灯に照らし出された薄暗い室内。

窓のひとつもないことが、逆説的にここが地下であることを教えてくれる。

診療所に地下室があるなんて驚きだ。

続きを読む "【神楽舞】第68話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

【神楽舞】第67話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

第67話 晴朗なれど波高し

 

穀倉駅まで、小一時間。

そこから郊外へ向かうバスに乗って行くのだけれど、もちろん拳銃持った変なバスジャック犯なんかでてこなくて、無事に遊園地までたどりついた。

続きを読む "【神楽舞】第67話"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

【神楽舞】第66話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65

第66話 ヤツは噂の不沈艦

 

「魅音、これしてけ」

鬼婆様が渡してくれたのは手編みの手袋だった。

「……うん。あったかそ~、ありがと!」

続きを読む "【神楽舞】第66話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

【神楽舞】第65話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64

第65話 嘘か真実か?

 

「羽入さんと魅音さんは、お亡くなりになりました」

葛西が冷然と告げる。

私たちは互いに視線を交わし合い、誰が犯人なのかと腹を探り合う。……この中に、必ず犯人はいる。

続きを読む "【神楽舞】第65話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

【神楽舞】第64話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63

第64話 敵か味方か?

 

身体の下で圭一が動くたびに、私の身体はゆっくりと上下する。そのリズムと彼の息遣いが好きだから、こういう時間も悪くないなと思ってしまう。

でも、その時間もそろそろ終わり。

圭一はフィニッシュを迎えようとしていた。

続きを読む "【神楽舞】第64話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

【神楽舞】第63話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62

第63話 愛のお召し上がり劇場

 

「……れすとらん。なのですか」

事の真相を知って茫然自失、魂が抜けまくってる羽入ちゃんを見て、おじさまとおばさまが唸っていた。

「うぅむ。なんという……」

「話には聞いてたけど……」

続きを読む "【神楽舞】第63話"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

【神楽舞】第62話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61

第62話 愛のお持ち帰り劇場

 

「そんじゃ、また明日ね。ちゃんと家までそのカッコで帰るんだよ~?」

魅ぃちゃんが笑いながら分かれ道でぶんぶんと手を振って去っていくのを見つめて、私は「はぅ……」と困惑気味に手を振り返すしかなかった。

続きを読む "【神楽舞】第62話"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

【神楽舞】第61話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60

第61話 勝負を決めるはメイド魂

 

「紅組代表、古手羽入さん!」

「あ、あぅ!」

名前を呼ばれた羽入がてけてけと堅い動きで壇上へ上がっていく。途中でつまずきやしないかと、後ろで見ているこっちのほうがはらはらしてしまう。

続きを読む "【神楽舞】第61話"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

【神楽舞】第60話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59

第60話 最後の決め手はメイド力

 

「あぅうっ!」

狙われているのは、やはり羽入だ。

それがわかっているから、彼女も懸命に逃げようとするのだが……生来の運動能力の低さだけは、どうにもならない!

「貰ったぁ!」

続きを読む "【神楽舞】第60話"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

【神楽舞】第59話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58

第59話 アイ罠ビー!?

 

翌日、東京から帰ったその足で面会時間も過ぎているのに圭一さんと梨花が診療所へ駆けつけてくれた。

「……そうか。大変なときにいなくて、悪かったな」

「沙都子、ごめんなさい」

事の経緯を聞いて全然悪くもないのに頭を下げる二人がおかしくて、思わず笑ってしまう。腫れた顔が痛いくらいだった。

続きを読む "【神楽舞】第59話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

【神楽舞】第58話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57

第58話 ナース祭りはまだですか?

 

「おや、おでかけかい沙都子ちゃん」

隣の病室のおじいさんが声をかけてくるので、私は笑顔でお辞儀をした。

「ええ、鷹野さんと一緒にお散歩でしてよ」

「そうかい。今日はいいお天気だからね、気をつけていっておいで」

続きを読む "【神楽舞】第58話"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

【神楽舞】第57話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56

第57話 息子さんをください!

 

がつん。がつん。がつん。

泣きながら振るう私の拳が、床に横たわる圭一の顔面へと降り注ぐ。

「圭一の……、裏切り者ッ!」

もう自分の拳が痛くてたまらないけれど、涙も拳も……止められなかった。

続きを読む "【神楽舞】第57話"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

【神楽舞】第56話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55

第56話 古手姉妹を食べにいこう

 

「んふ♪」

窓辺にのんびり腰をおろして、月を肴にワイン風味のオレンジジュースをちびちび飲む、これが私の夜のお楽しみ。さすがに夏の名残の暑さも最近は抜けてきて、そろそろ肌寒いかなって思わなくもないけど。

続きを読む "【神楽舞】第56話"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

【神楽舞】第55話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54

第55話 驚きの白さと柔らかさ!

 

「怖かったに決まってるだろ。常識的に考えて」

夜の散歩で圭一に尋ねたら、彼はそう言って苦笑した。思い出しても寒気がすると言うように身を震わせる。

「あの婆さんは絶対人斬ってるだろ。刀振り回した瞬間の躊躇のなさはレナに匹敵したな」

続きを読む "【神楽舞】第55話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

【神楽舞】第54話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53

第54話 メイド服だったわけ

 

「あんたらには、メイド服を着てもらう」

圭一は、僕や梨花をからかうときみたいな悪戯っ子の顔でそう言ったものだから、その場の誰もがあっけにとられるしかなかった。

あのお魎でさえ、圭一の言葉の意味をはかりかねてぽかんとしている。

続きを読む "【神楽舞】第54話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

【神楽舞】第53話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

第53話 メイドは世界を救う

  

「ですから、メイドが悪いとは申しませんのよ」

むくれた顔の沙都子が言う。

学校帰りに寄った沙都子の病室で、鷹野さんがこの前のみんな揃って撮った写真を僕に渡してくれたのだ。いまは沙都子と一緒にそれを眺めていた。

続きを読む "【神楽舞】第53話"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

【神楽舞】第52話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51

第52話 .maid//感染拡大

 

「……アリ、ですね」

彼女がぽつりと口にしたのは、そんな言葉だった。

「え……?」

僕は信じられない思いで彼女を見つめる。

アリってなにさ? 虫? ボクサー?

続きを読む "【神楽舞】第52話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

【神楽舞】第51話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

第51話 前原圭一の無難な日常

 

キラリ、陽光を反射いて高く舞い上がる金属バット。

それが地面に落ちるのと同時に俺は叫んでいた。

「悟史ぃぃぃぃぃぃっ!」

目の前の光景は……ある意味では、ごく当然とも言うべき成り行き。レナの鉈さばきはやはり超一流、悟史は武器をその手からもぎ取られ、レナの膝で組み伏せられてしまっていた。

続きを読む "【神楽舞】第51話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

【神楽舞】第50話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49

第50話 前原圭一の単調な日常

 

「くっくっく……いいのか、たった一分で」

あの連中、この俺の怒りがどれほどのものかまだわかっちゃいねぇようだな。すぐに後悔させてやる、前原圭一という危険人物を本気にさせたことをな!

それにしても詩音の奴、メイド服4人ぶんちゃんと用意できるんだろうな。半端は許さないぜ、なにしろ圭一ハーレム王国という遠大な野望がかかってるんだからな。

続きを読む "【神楽舞】第50話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

【神楽舞】第49話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48

第49話 前原圭一の退屈な日常

 

「ごめんねごめんね魅ぃちゃん、背中に透けてるラインがとってもかぁいかったんだよ。だよ☆」

俺を3回ばかり地に這わせてようやく正気に返ってくれたレナが詩音に謝罪する。いまいち反省してないのだろうか、そのうっとりした表情はやめい。

「別にいいんだけどさ、そんなの私だけじゃないじゃん……」

続きを読む "【神楽舞】第49話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

【神楽舞】第48話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47

第48話 前原圭一の平凡な日常

 

××県鹿骨市雛見沢、のどかな山村を見下ろすように建つ古手神社。

そのやや裏手に位置する防災倉庫の二階、六畳一間の和室で俺、前原圭一の朝は始まる。

「ふぁあ……」

あくびを噛み殺し、しみの目立つ天井を見つめる。

続きを読む "【神楽舞】第48話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

【神楽舞】第47話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46

第47話 痴話喧嘩でなく頃に

 

「圭ちゃんが、私たちのどちらも選べないなら……」

「ま、待ってくれ、魅音!」

「あの世で3人、一緒になりましょう……圭一」

「待つんだ、梨花ちゃん!」

続きを読む "【神楽舞】第47話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

【神楽舞】第46話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

第46話 恋する乙女のツープラトン

 

夏休みも終盤を迎えて残暑厳しい折りではあるけれど、恋の季節はまだまだこれからが本番。……というわけで、今日はちょっと気合いを入れてみた。

普段なら夏休みの宿題を口実に図書館に誘うのが精一杯の圭ちゃんを、プールにお招きしてみました!

続きを読む "【神楽舞】第46話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

【神楽舞】第45話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44

第45話 それでも俺はやってない

 

「はっはっは、殴り合いの喧嘩だなんていまどきの子にしちゃ珍しいと思ったが、園崎さんとこの若い衆かね!」

興宮連町の会長さんだというおじさんが大笑いする。

「あはは、お恥ずかしい限りですけど、組の者じゃあないんです。これが実はクラスメイトでして……」

続きを読む "【神楽舞】第45話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

【神楽舞】第44話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43

第44話 天下無双のお祭り男!

 

「いってきま~す!」

答えがないとわかっている挨拶を口にして、私は玄関を出る。鍵をかけて、ゆっくりと歩き出した。

お父さんは、最近あまり家に帰ってこない。

興宮のお友達のところへ泊めてもらって、仕事を手伝わせてもらっているんだと言うけど、数日に一度帰ってきては金庫から数万円ずつ抜いていく行動を見ればお金を稼いでいるどころか遊び回っているだけなのは目に見えていた。

続きを読む "【神楽舞】第44話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

【神楽舞】第43話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

第43話 神様は甘いのがお好き☆

 

愕然とするしかなかった。

東京で何者かに撃たれて、目を怪我した梨花。そのとき飛んできて、救急車を呼んでくれたのが圭一だったと梨花には聞いていた。雛見沢に来てからの圭一を思えば、それはとても相応しい行いで、村の誰もその話に疑問をもっていなかった。

だけど……それが圭一の撃った弾によるものだとすれば、話はさかさまになってしまう。

続きを読む "【神楽舞】第43話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

【神楽舞】第42話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41

第42話 とどめは富竹フラッシュだ

 

入江は事務机に資料を置いて、小さく息をついてみせた。

「いまのところは小康状態としか言いようがありません。各数値は波があり、減少傾向にはあるもののいまだほとんどがL4の基準値を超えています」

沙都子の状態がよくないのは百も承知だ。そうでなければ、一日の大半を薬で眠らせるという、ある意味非人道的な措置を入江や鷹野が許容しているはずがない。

続きを読む "【神楽舞】第42話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

【神楽舞】第41話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

第41話 祟りの増量期間中☆

 

古手神社祭具殿の古文書に曰く、その秘湯にオヤシロさまの司る縁結びの加護あり。

ひとたび未婚の男女がその湯をともにしたならば、その仲は未来永劫安泰間違いなし、子宝にも恵まれて実りある半生を送ることができるであろう。

しかし、もしもこの加護に背くことあらば主に男のみが祟られて悲惨な末路を迎えるであろう。普通は七代祟るところを増量サービスで十代祟るから覚悟しとけよコラ。

続きを読む "【神楽舞】第41話"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

【神楽舞】第40話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39

第40話 ときめき☆マウントポジション

 

とても、とても暑い日のことだった。

「はぁ、はぁ、はぁっ……」

乱れた自分の呼吸音、上下に揺れる肩と胸。大量の汗が全身を伝い落ちる。

握りしめた醤油瓶は、衝撃のあまり砕けて割れていた。

……そして、ガラスの破片の中で畳の上に横たわっているのは我が姉、古手羽入のなれの果てだ。

続きを読む "【神楽舞】第40話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

【神楽舞】第39話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 

第39話 ネコミミは世界の宝

 

いきなりスレッジハンマーで後頭部をぶん殴られたみたいなキツい衝撃!

しかも植物油をたっぷり塗って極上の波紋を流したとびきりのヤツだ。こいつは究極生物でもちょいと耐えきれないに違いないが、俺は考えるのをやめるわけにもいかない。

いまレナはなんと言った?

続きを読む "【神楽舞】第39話"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

【神楽舞】第38話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37

第38話 ひぐらしのないちゃう頃に

 

クジ引きの結果、俺とレナは薪拾いに向かうことになった。

「いこっ、圭一くん」

「おう、まかせろ!」

雛見沢では都会もんというレッテルを張られている俺ではあるが、勉強漬けになる前は親父の趣味で夏になるたびにサマーキャンプへ連れていかれた経験があるから、薪拾いであろうがカレーの担当になろうが実のところはお手の物だ。

続きを読む "【神楽舞】第38話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

【神楽舞】第37話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

第37話 にーにーは堕落しました

 

晴れ渡る青空、蝉たちの大合唱、風にそよぐ緑の木々、澄んだ水面のせせらぎ。

「夏だねぇ、圭一」

川辺の岩のうえでのんびりとそう言ったら、隣で圭一が頭を抱えた。

「悟史……、てめぇいったいどこを見てそう言ってる!」

続きを読む "【神楽舞】第37話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

【神楽舞】第36話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

第36話 まごころメイド☆みおんさん

 

ばん、と音を立てて白球がミットに吸い込まれ、フォアボールが宣告される。

「むぅ……」

……さすがに、これは悔しがってもいい場面だろう。

打率の高さで雛見沢ファイターズの4番に置いてもらっているというのに、僕の打順を前にあからさまな敬遠とは。興宮タイタンズの監督はこれまでの経験から、塁を埋めてでも次の僕で打ち取る策できたということだ。

続きを読む "【神楽舞】第36話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

【神楽舞】第35話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

第35話 K1~闇に降り立った変態

 

 

彼女はとても優しかった

 だけど彼女がいないことに誰も気づかない

 

彼女はとても優しかった

 だけど彼女がいることに誰も気づかない

 

彼女はとても優しかった

 だけど彼女が優しいことに彼女だけが気づかない

 

 Frederica Bernkastel.

 

続きを読む "【神楽舞】第35話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

【神楽舞】第34話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

第34話 てっぺい☆チキンレース

 

あの綿流しの夜から数日が経っていた。

叔母は発見された時点で既に死亡しており、司法解剖も行われたが死因は転落時に負った脳挫傷で、多少水を飲んではいるがそれは沢に突っ込んでからわずかの間はまだ息があったというだけのことなのだそうだ。

転落死、というのは警察にとってはとても厄介な玉虫色の死因。

続きを読む "【神楽舞】第34話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

【神楽舞】第33話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

第33話 ノーとしか言わない男!

 

それはまるで、あの奇跡の一夜の再現だった。

あのときは校舎の屋根の上、月を背負って圭一とレナが。

いまはキャストを変えて、圭一と悟史が。

ごうごうとこの場に逆巻く風さえも、二人の戦いには近づくことを躊躇っているかのようだ。

続きを読む "【神楽舞】第33話"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

【神楽舞】第32話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

第32話 スタンガンをぶっ放せ☆

 

悟史が帰ってからほどなくして、祭りの中止が決まった。

風も強くなってきたし、雨が降り出すのも時間の問題だ。意地を張って強行し、怪我人でも出た日には雛見沢のイメージダウンが止まらないから、妥当な判断だろう。

私個人の希望としてはできればもうすこしの間、皆をこの祭りの場に貼り付けておいて欲しかったのだが、天候が理由ではやむを得まい。

続きを読む "【神楽舞】第32話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

【神楽舞】第31話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

第31話 天下御免のお祭り男!

 

『綿流し祭』と丁寧に印刷されたのぼりが立ち並び、吊り下げられた提灯の明かりと、スピーカーから響く祭囃子。

「にぎやかだね、沙都子」

「……そう、ですわね」

まるで魂が抜けたように虚ろな目をして俯くばかりの沙都子の手を引いて、お祭りの人たちでごったがえす神社の石段を登りきると、魅音がこっちを振り向いて声をあげた。

続きを読む "【神楽舞】第31話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

【神楽舞】第30話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

第30話 明日はホームランだ!

 

村の中を走り回っても走り回っても見つからなくて、もう沙都子に会えないんじゃないかと思い始めていた。僕らにとっては敵ばかりの村で、沙都子の行方を尋ねてまわれるわけもなくて、自分の目で沙都子の姿を見つけるしかない。圭一も魅音もレナも梨花ちゃんも羽入ちゃんも必死で探してくれているけど、たった数人の仲間たちだけで村中を探し回るなんてほとんど不可能で無意味なことだと気づいていた。

続きを読む "【神楽舞】第30話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

【神楽舞】第29話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

第29話 ビフィズス菌摂ってるぅ?

 

北条鉄平。

私の血の繋がらない叔父、書類上では父ということになっているこの男を見ていて思う。

暴力で食べていくことに適性というものがあるとするならば、それは初撃、先制攻撃でどれだけ容赦というものを捨てられるかにかかっているのではないか。

続きを読む "【神楽舞】第29話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月30日 (月)

【神楽舞】第28話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

第28話 いきなり☆鉄平弾

 

「……くっそぉおぉおお!」

圭一さんを跳ね飛ばした瞬間、感じたのは敵をやっつけた達成感や高揚感ではなかった。

かといって、罪悪感だったかと言われても自信がない。

ただ、これで私はもう許されない、圭一さんや羽入さん、皆の仲間でいられる資格を失ったのだという空虚な絶望だった。

……でも。

続きを読む "【神楽舞】第28話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

【神楽舞】第27話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

第27話 実体ってことは不便だね

 

沙都子の限界はすでにその背に忍び寄っている。

僕たちがすぐにでも沙都子を見つけだせなければ最悪の場合、見つけるのは物言わぬ沙都子ということさえもありえると僕は承知している。

「レナ、僕は診療所と神社周辺を探しますのです!」

「うん! 魅ぃちゃんは商店街で聞き込みをしてくれてるから、なにか連絡があったらそこへお願い!」

それだけ言うと、レナはダム現場のほうへ駆け出していった。

続きを読む "【神楽舞】第27話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

【神楽舞】第26話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

第26話 祭囃子とシュークリーム

 

きっかけは今朝のことだった。

境内で梨花と圭一が、いや、梨花が圭一に……というのが正確か。

とにかく、その、しているのを見てしまって。

それだけならよかったのだけれど、時間停止でもされたみたいに呆然と動けなくなったところへ、圭一の前から駆け去ってきた梨花が前方不注意で僕に激突してきたのだ。

続きを読む "【神楽舞】第26話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

【神楽舞】第25話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

第25話 オヤシロ様ご乱心

 

「ま、どーぞどーぞ、おかけになってください。はい、アイスコーヒー。いやぁ~、日増しに暑くなってきて、この時期は特につらいですねぇ~。おっと、前原さんはお若いから、そんなことないですかね。なっはっは!」

どうしてこう、大人というのはさっさと用件を切り出さないのだろう。人生の残り時間はどう考えても大人のほうが少ないんだから、もっと有効に使えよと怒り出したくなる。

のんびりした雛見沢にきたのだから、こんな斜に構えた考え方はそろそろ捨ててもいいのだが長年培ったものはそう簡単には変えられない。

続きを読む "【神楽舞】第25話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

【神楽舞】第24話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

第24話 ダブルにーにースパイラル

 

視界がスパークした。

痛みや衝撃があったわけではなく、あまりにも想定外の事態に思考がついていけないのだ。

事実だけを羅列するならば、抱きついた状態の至近距離で泣き濡れた顔をあげて俺を見た梨花ちゃんがなにを思ったか背中へ回っていた両腕で俺の頭部をぐわしっと掴み、そのまま背伸びをするものだから体重をかけられて身動きできない俺の唇に自分の唇を強引に重ねた挙げ句、味わい尽くすかのように俺の舌をひと舐めしていった……ということだ。

続きを読む "【神楽舞】第24話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

【神楽舞】第23話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

第23話 にぱ~☆は社会の潤滑油

鷹野三四と彼女の指揮する山狗は、すくなくとも3年目の祟りの執行者だと私は確信している。つまりは、私の両親を殺した犯人だ。
母が私を雛見沢症候群の研究に使い続けることに強硬に反対して鷹野と対立、父も同調しかけたあのタイミングで、それも都合良く綿流しの日に父が謎の急死を遂げ、診療所へ付き添った母が忽然と姿を消した。

これで鷹野を疑わない方がどうかしている。

続きを読む "【神楽舞】第23話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

【神楽舞】第22話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

第22話 身体はコドモ、頭脳は悪魔!

 

「梨ぃ~花ぁ~!」

役員会に出ていた羽入が、帰ってくるなり泣きながらエプロン姿の私に飛びついてきた。

妹に泣きつくあたりがなんとも羽入だけど、いったいどうしたのよ。

「あぅあぅ、魅音が、魅音がぁ~!」

泣きじゃくるわ、話が前後するわ、あぅあぅするわでまったく理解し難いことこの上ないが、どうにか一部始終を聞き出して愕然とした。

続きを読む "【神楽舞】第22話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

【神楽舞】第21話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

第21話 その時、村史が動いた

 

それは私がずっと思ってきた……単なる本音に過ぎなかった。

自由になることなどなにもない、大事なものさえ守れないなら、この重すぎる責任は何のためにある?

私が大切に思うもの、雛見沢、家族、友人。

彼らが笑って暮らせる未来のためなら、どんな重い荷であろうが背負う価値がある。彼らを傷つけるものがあるなら、その前に立ちふさがりこの身を盾にしよう。

続きを読む "【神楽舞】第21話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

【神楽舞】第20話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

第20話 それなんてギャルゲ?

 

知恵先生にすこし具合が悪いと言って、保健室に逃げ込んだ。

横になっても気分は晴れない。

圭ちゃんのあの言葉。

『お前、……ほんとに魅音か?』

本人にすればなにげない、ちょっとしたからかいのつもりだったのかもしれないけど……私にとっては、クリティカルに心をえぐる言葉だった。

続きを読む "【神楽舞】第20話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

【神楽舞】第19話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17 18

第19話 セーラー服特攻伝説

 

「おっ、やるなレナ。初夏の陽射しに白が眩しすぎるぜっ!」

雛見沢分校の校舎の前で出会った途端に、圭一くんが楽しげに拳をぐっと握りしめる。

「は、はぅ……変かな、変かな?」

ちょっぴりの不安と、かなりの期待をしながらくるくる回ってしまう。

そして圭一くんは、やっぱり期待に応えてくれる。

「変じゃないって。朝っぱらからさわやかな気分になったぜっ!」

続きを読む "【神楽舞】第19話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

【神楽舞】第18話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16 17

第18話 ブチ破る男(運命とか)

 

冷蔵庫の扉を開ける。

……ぜんぶ昨日のまま、ラップのかかった晩ご飯はそこにおさまっていた。

お父さんは、一晩中家に帰っていないということ。

こっちで仕事を探すといって毎日のように出かけるけど、昔の仕事仲間に会ったとかで飲み歩いているらしくて、帰ってこない日がすこしずつ多くなっている。

もうお父さんがいないと何も出来ない子供ではないけど、……でも、寂しいと思ってしまうのはいけないことなんだろうか。

続きを読む "【神楽舞】第18話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

【神楽舞】第17話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15 16

第17話 ハーレムルートは男の本懐

 

「……梨花はちょっと変わったところがあるのです」

散歩のときに軽い話題のつもりでさっきの梨花ちゃんの『予言』を話したら、羽入はすこし難しい顔をしてそう言った。

おいおい、実の妹に対してずいぶんな言い様じゃないか?

と、俺の考えたことに気づいたらしく、あぅあぅと困ったように付け加える。

「明日の天気とか、ちょっとしたことがほとんどなのですが……たまに、未来を知っているような物言いをすることがあるのですよ」

続きを読む "【神楽舞】第17話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

【神楽舞】第16話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14 15

第16話 乱立フラグは男の浪漫

 

「お前、……ほんとに魅音か?」

「ッ!?」

なにげなく言っただけなのに、ぎくりとした顔になる魅音。

……?

どんなギャグの前フリなのかと考えてみたが、どこか切迫したような、それでいてなにかを期待したような上目遣いで俺を見るだけ。

仕方なく、当たり前すぎることを指摘してやった。

「……いや、親父にならともかく俺にまで丁寧に喋らなくていいんだぞ?」

続きを読む "【神楽舞】第16話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

【神楽舞】第15話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13 14

第15話 暗黒空間とヴァニラ・アイス

 

昔の人は言いました、働かざる者食うべからず。

葛西が隠れ家用のマンションを手配してくれたから当面の住処には困らない私だけど、何から何までお世話になっているのも心苦しい。せめて食費くらいは自分で稼ごうと、魅音の名前を借りて昔から私たち姉妹を可愛がってくれている叔父さんのお店で働かせてもらっている。

店名はエンジェルモート。カテゴライズすればファミレスの一種になるんだろうけど、メインのメニューはケーキやパフェ他デザート全般。そのわりには女性客が少ないわけは、ウェイトレスの無駄に過激な衣装にあったりする。……叔父さんの趣味はよくわからない。

「ご注文おきまりでしょうか?」

ま、変なところで乙女な魅音だとこれを着るのにはかなりの勇気が必要なんだろうけど、これはこれで可愛いかも、なんて思う私は肌の露出がどうとか、全然気にしない。

……はずだった。

続きを読む "【神楽舞】第15話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

【神楽舞】第14話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12 13

第14話 アイドル伝説みおん

 

「……沙都子、お前、張ってるだろ」

圭ちゃんの口から発せられたその言葉には、火薬みたいに危険な匂いが漂っていた。

「羽入の捨てたカードを見もしなかった……最初から眼中にもないみたいにな」

どうやら圭ちゃんも気づいたか。沙都子は、私からあがることで1位の奪取を目論んでいる。放っておいても罰ゲームは避けられるのに、あくまでも狙うのは1位のみ。

くっくっく……天晴れなちびっ子め!

推理がそこまで辿り着けば、沙都子のそれが単なるポカミスではなく、私を食って1位に躍り出るための必勝の罠が張り巡らされていることにも気づいて当然……!

続きを読む "【神楽舞】第14話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

【神楽舞】第13話

Kaguramai_2
最初から 10 11 12

第13話 その男、不屈につき

 

私は用意していた台詞を口にする。

「……どうやら、間に合いましたわ」

手札を机の上に並べると、真向かいに座った圭一さんが目を見開く。

「さ……沙都子、てめぇっ……!」

圭一さんはゲーム序盤からここまで、位置関係を利用して机の下で必要カードをこっそりと融通し合って互いにチップを稼いできた私の共闘者だ。

共犯者といってもいいかもしれない。

続きを読む "【神楽舞】第13話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

【神楽舞】第12話

Kaguramai_2
最初から 10 11

第12話 怪奇!ポリバケツ男

 

……これでよし。

準備をすっかり終えた私は、すこし先にいる梨花に向かって声を上げた。

「梨花ぁあー、いいですわよ!」

すると、ぶんぶんと手を振った梨花が、

「了解ですー、メカにーにー、ゴーなのです!」

梨花がメカにーにーと呼ぶそれは、実際のところはちっともメカじゃなかった。

厚手のダンボールをぐるぐると巻いて、ロープでしっかりと固定した円筒状の物体のてっぺんに、底の抜けたポリバケツを接続、表面に羽入さんの妙に達筆な字で『兄』と大きく書かれているという代物で、にーにーの着なくなった古い雨合羽を着せられている。

メカにーにーの後方1メートルでしゃがみこんだ梨花が、物干し竿の先でメカにーにーの足元に張られている、草に隠れたロープをぐいと押した。

続きを読む "【神楽舞】第12話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

【神楽舞】第11話

Kaguramai_2
最初から 10

第11話 左手はそえるだけ

 

右手には、使い慣れた金属バット。

それを握りしめて、静かに構えをとる。

余計な力は必要ない。リラックスして、いつもどおりやればいい。

バットというのは、全身の回転運動を直線運動に変換するための道具だ。

だから渾身の力を乗せるのは、インパクトの瞬間だけでいい。

その瞬間は、どんな感情もいらない。

狙い澄ました冷静さとともに、一瞬で全身のスイッチを切り換えるだけ。

時間の止まったような静寂を破るように、僕はバットをほぼ水平に鋭く振るった。

続きを読む "【神楽舞】第11話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

【神楽舞】第10話

Kaguramai_2
最初から

第10話 ご利用は計画的に

 

「おはよう、魅音。昨日は災難だったね」

僕の席までやってきた魅音に、そう声をかける。

そうしたら彼女は、慌てて取り繕うように大笑いをしてみせた。

「あ、うん。……あはは、まぁあのくらい、ホントはおじさんにとっちゃちょろいもんなんだけどね~! こう、空気投げですぽぽぽーん☆って!」

調子よく笑いながら、でたらめに構えをとっているけど……。

すこしだけ、奇妙な違和感があった。

続きを読む "【神楽舞】第10話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

【神楽舞】第9話

Kaguramai_2
最初から

第9話 その名は土下座衛門

 

……夢見が悪かったのか、寝汗が酷かった。

それで朝から湯に浸かったから目は醒めたけど、気分はちっとも晴れない。

湯上がりの髪をバスタオルで挟むようにして丁寧に水分を抜きながら、昨日のダム現場でのレナとのぞっとするような会話を思い起こす。あのあとレナは冗談だといって笑い、私も調子を合わせたけど……それを素直に信じられるほど空気の読めない私でもない。

例え、それが冗談だったとしても……レナは私を責めているのだ。

園崎の次期頭首たる私なら、次の祟りを北条の叔父と叔母に決めることができるはず。それをする覚悟さえ私にあれば悟史と沙都子が救えるのに、何故しないのか、と。

 

続きを読む "【神楽舞】第9話"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

【神楽舞】第8話

Kaguramai_2
最初から

第8話 どこにでも夢は隠せる

 

とほほ、初日っから酷い目に遭ったよ……。

そういえば、私ってば昔からお姉……じゃなくて詩音にゲームで挑んでは負けてばっかだっけ……これは下手の横好きってやつなのかね。詩音が特別なのかと思ったけど、ただ単に私が弱いのか……それとも、うちのクラスは猛者ばっかりなのか。

なんて考えながら着替えたメイド服をロッカーにしまい込み、帰り支度を始めたところで悟史が声をかけてきた。

「あ、魅音。実は……頼みがあるんだけどさ」

「ん、何?」

悟史の頼みごとなんて、珍しいといえば珍しい。

不器用な割になんでも自分でやろうとするあたりは悟史の美点じゃないかと思う。

まぁ複雑な家庭だからこそなるべく自分でやる癖がついてるのだといえば、本人にとって嬉しいことでもないんだろうけどさ。

続きを読む "【神楽舞】第8話"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

【神楽舞】第7話

Kaguramai_2
最初から

第7話 メイドが村にやってきた

 

「そんなの俺が知るか」

……はぅ。言われた。

放課後、ぐずりながら悟史くんに手を引かれて出ていく沙都子ちゃんを見送ったあとで、帰り支度をしていた前原くんに相談するだけしてみたけど、まさに即答だった。

魅ぃちゃんが隣でほーらーみーろー、という顔をしている。

「それはそうだけど……せっかくクラスメイトになったんだから、ちょっとくらい一緒に考えてくれてもいいんじゃないかな。かな……」

私が食い下がると、前原くんの横で聞いていた梨花ちゃんもうなずいて、

「そうです、圭一は頭がいいので、なにかいい考えが浮かぶと思うのです」

続きを読む "【神楽舞】第7話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

【神楽舞】第6話

Kaguramai_2
最初から

第6話 ひっくり返す男(運命とか)

 

私、竜宮レナが数年ぶりにこの懐かしくて優しい雛見沢に帰ってきて、まだ十日も経っていない。

村がおぼろげな記憶の中とあまり変わっていなくて安心したけど、友達の顔はすっかり忘れちゃってて、ひとつ年上の園崎魅音、魅ぃちゃんともずっと小さい頃には一緒に遊んでいたはずなのに、お互いよく思い出せなかった。

でも魅ぃちゃんの持ち前のフランクさのおかげもあって、雛見沢の学校にはすぐに馴染めそうだから、心配することはないのかもしれない。

ほかに年長組、いわゆる中学生はもう一人、やっぱり一学年上の北条悟史くん。どこか繊細な雰囲気のある、でも穏やかな笑顔のよく似合う男の子。この子のことも、やっぱり覚えていない。

続きを読む "【神楽舞】第6話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

【奉納乱舞】時明し編(終)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

時明し編(終)この上なく温かで幸せな日々を

 

「よっ、レナ」

小径の向こうからやってきた圭一くんが片手を上げる。

「おっはよぅ、圭一くん!」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(終)"

| | コメント (7)

2008年5月 8日 (木)

【奉納乱舞】時明し編(26)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

時明し編(26)時が微量、一瞬だけ

 

沙都子ちゃんの手製マップをたよりに山に分け入った私たちは、ろくな明かりもなしに道なき道を進みながらひとつのことに気づかされていた。

「小此木さん、これ……」

「あぁ。人海戦術ってワケらしいな」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(26)"

| | コメント (1)

2008年5月 6日 (火)

【奉納乱舞】時明し編(25)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

時明し編(25)導き出すよ、たった一つの……

 

私たちは地下のセキュリティルームに残った通信担当の山狗に別回線の確保と、現場で強硬な命令を出している人間の割り出しを指示して診療所を出ることにした。

「皆さん、気をつけて……!」

荒事では力になれそうにないと判断した監督はその場に残ることを選んだ。詩ぃちゃんを含めて、これからも負傷者は出るだろうからお医者さんである監督自身に怪我をしてもらっても困るので、妥当な判断だと思う。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(25)"

| | コメント (2)

2008年5月 5日 (月)

【奉納乱舞】時明し編(24)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

時明し編(24)未来のドアをその手で開けて

 

薄暗い地下室に、私の舌打ちがこだまする。

「やられた……」

梨花ちゃんと羽入を乗せた葛西さんの車に銃撃しながらも防弾装備のおかげで阻止できずに見送った山狗たちだったが、その後の決断は早かった。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(24)"

| | コメント (2)

2008年4月28日 (月)

【奉納乱舞】時明し編(23)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

時明し編(23)最高のエンドに辿り着けるから

 

狭い部屋の中、互いの距離は5メートルもない。

当然プロである小此木さんがこの距離で標的をはずすことはほぼ考えられない。

小此木さんの指先ひとつ、気まぐれひとつで確実な死を迎えるというこの状況で、圭一くんはその表情に微塵も恐怖の色を浮かべていなかった。むしろ、尊大と言ってもいいくらいに悠然と銃口を見つめている。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(23)"

| | コメント (2)

2008年4月20日 (日)

【奉納乱舞】時明し編(22)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

時明し編(22)世界が終わるまでは……

 

「……とか無駄にギリギリの展開になってないか、心配でしょうがないわね」

ため息混じりに呟いた一言は、隣に座る羽入の耳にだけは届いたようだった。

「あぅ……梨花、ただでさえ視点切り換えなんて唐突なことをしているのに、そういう読んでくれる人の混乱を誘うような第一声は感心しないのです」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(22)"

| | コメント (2)

2008年4月14日 (月)

【奉納乱舞】時明し編(21)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

時明し編(21)君が夢のカギになるから

 

山狗の強硬な襲撃をなんとか退けて地下祭具殿に逃げ込んだ私たちだけど、後手に回ってばかりで勝てる相手じゃないのは先刻承知。

早急に、次に打つ手を決めなければならなかった。

魅ぃちゃんが用意したホワイトボードを前に作戦案を説明する。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(21)"

| | コメント (3)

2008年4月 2日 (水)

【奉納乱舞】時明し編(20)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

時明し編(20)迷わないで走ってゆける

 

三四さんの、虚空への独白は続く。

「ジロウさんは、私が殺した。梨花ちゃんは、私が殺した。あなたのお友達も、みんな私が殺したのよ。あなたは、私の掌の上で踊っていただけ。雛見沢症候群という名の狂気の糸で操られるだけの哀れなお人形よ!」

彼女の切れ長の目、その瞳は枯れ葉みたいに生気のない色をしていた。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(20)"

| | コメント (5)

2008年4月 1日 (火)

【奉納乱舞】時明し編(19)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17 18

時明し編(19)真実のつぼみにそっと

 

「……申し訳ありません、遅くなりました」

本宅のほうから狙撃銃を片手に出てきたのは葛西さんだった。ひどく無造作な足取り。

魅ぃちゃんは小さく息をついて、

「遅すぎだよ、葛西さん。心臓止まるかと思ったよ」

ぼやきながらも詩ぃちゃんの倒れている方に駆け出していった。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(19)"

| | コメント (2)

2008年3月31日 (月)

【奉納乱舞】時明し編(18)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16 17

時明し編(18)敵はどこだ?と捜し続けて

  

私の動揺を見透かしたように笑みを浮かべて、三四さんが言い放つ。

「私の答えは、ノーよ」

魅ぃちゃんが歯噛みする。

……当然、小此木さんの登場と圭一くんの命を握られた時点で私が突撃することなどできなくなっている。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(18)"

| | コメント (2)

2008年3月30日 (日)

【奉納乱舞】時明し編(17)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15 16

時明し編(17)見えないレールから飛び降りて

 

「お、おはよぅ! みんな!」

朝の挨拶。

好きな人には一番の笑顔を見せたい。

「あ、あぁ……おはよう、レナ」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(17)"

| | コメント (2)

2008年3月29日 (土)

【奉納乱舞】時明し編(16)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14 15

時明し編(16)自由に空も飛べるはず

 

 

朝の教室。

「はい、では自己紹介をお願いします」

黒板の前に立った少女は、緊張した面持ちで口を開く。

「ぼっ、僕は、ふるれはにゅーなのれす、ひゃう。……うぅ、よ、よろしくおねひゃいしますのれふっ!」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(16)"

| | コメント (2)

2008年3月28日 (金)

【奉納乱舞】時明し編(15)

Tokiakasi_2
10 11 12 13 14

時明し編(15)真っ白な恋は翼になる

 

「おっそいよ~!」

「……遅いのです」

魅ぃちゃんと梨花ちゃんに怒られて、私と圭一くんは小さくなるしかなかった。約束の時間を1時間近く遅れてようやく園崎家に報告に来たのだから、あらゆる意味での心配をしていた二人が怒るのは当然だと思う。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(15)"

| | コメント (1)

2008年3月27日 (木)

【奉納乱舞】時明し編(14)

Tokiakasi_2
10 11 12 13

時明し編(14)きみが好きだと伝えたい

 

せっかくいい雰囲気だった片思いの相手を数メートルの飛距離できりもみ回転させてなお私の動揺はとどまるところを知らず、今日接触する予定だった大切なターゲットを空中コンボで十数秒にわたり地上の人ではなくしてしまうほどのものだった。

「い……いやぁ、ごめんごめん、黄昏の中で抱き合う少年少女の姿があまりにも絵になったんで、ついシャッターを切ってしまったんだよ」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(14)"

| | コメント (2)

2008年3月26日 (水)

【奉納乱舞】時明し編(13)

Tokiakasi_2
10 11 12

時明し編(13)等身大の愛情で挑んでも

 

私たちは、いつもどおりの日常を演じることになった。

「……ぉ、おはよ、圭一くん、梨花ちゃん」

朝、いつもの待ち合わせ場所。

「おはよ、レナ」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(13)"

| | コメント (2)

2008年3月25日 (火)

【奉納乱舞】時明し編(12)

Tokiakasi_2
10 11

時明し編(12)未来はいつもサバイバル

 

「……まぁ、圭ちゃんの不埒な発言はいつものことだけど、それもひとつの手ではあるかね」

魅ぃちゃんが倒れた圭一くんをげしげしとストンピングしながら言う。

「ど、どういうことなんですの?」

沙都子ちゃんもタライで圭一くんを殴打しながら魅ぃちゃんに尋ねる。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(12)"

| | コメント (3)

2008年3月24日 (月)

【奉納乱舞】時明し編(11)

Tokiakasi_2
10

時明し編(11)悲しみの記憶をまっすぐに

 

すぱぱぱぁん☆

響き渡る打撃音が私を現実に引き戻す。

「……はぅ?」

見れば、いつものように圭一くんがメイド姿のまま床を転がっていくところだった。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(11)"

| | コメント (2)

2008年3月23日 (日)

【奉納乱舞】時明し編(10)

Tokiakasi_2

時明し編(10)運命のルーレット廻そう

 

どうにか沢から逃れた私たちだけど、三四さんや小此木造園の工作員たちがそのまま見逃してくれるなんて思えない。あの場は引き下がったとしても、遠巻きの監視と包囲の準備は続けているに違いない。

二人が沢から上がって土手沿いの道に出たところで私も身を隠すのをやめて合流した。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(10)"

| | コメント (2)

2008年3月22日 (土)

【奉納乱舞】時明し編(9)

Tokiakasi_2

時明し編(9)チープなスリルに身を任せ

 

「みぃ……、今日も部活はないのですか?」

ちょっとだけ寂しそうな顔で梨花ちゃんが尋ねる。

「あ~、うん、ごめん! おじさんここのところ忙しくてね……村のことで、いろいろあるんだよっ!」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(9)"

| | コメント (2)

2008年3月21日 (金)

【奉納乱舞】時明し編(8)

Tokiakasi_2

時明し編(8)真赤な誓いはこの胸に

 

「レナ、ほかにガス災害の手がかりってないの?」

「う~ん……」

魅ぃちゃんに促されて、私は必死で記憶を探る。

……有毒ガスがどこから発生したか、テレビで言っていたような気がする。どこだっけ……?

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(8)"

| | コメント (3)

2008年3月20日 (木)

【奉納乱舞】時明し編(7)

Tokiakasi_2

時明し編(7)事件の謎に迫りましょう

 

昨日はあれからアルバイトを終えた詩ぃちゃんまで合流して賑やかなことになってしまって、最終的には詩ぃちゃんのマンションに泊めてもらっての大騒ぎ。

詩ぃちゃんとはたった一晩でずいぶん仲良くなれて頼もしさを感じる反面、油断のならない双子相手にちょっと身の危険を感じたりもして……なんとも忙しい夜だった。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(7)"

| | コメント (2)

2008年3月19日 (水)

【奉納乱舞】時明し編(6)

Tokiakasi_2

時明し編(6)本気出して考えてみた

 

「ぉ、おはよ、圭一くんっ」

「レナ、おはよう。今日も早いな」

圭一くんの笑顔が眩しい。

いまだに話しかけるのに小さな決心はいるけれど、それでも自然に隣を歩けるようになったこの日常が愛しい。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(6)"

| | コメント (2)

2008年3月18日 (火)

【奉納乱舞】時明し編(5)

Tokiakasi_2

時明し編(5)夜空に光る星を見上げて

 

 

「ありがとう魅ぃちゃん! 圭一くんと、すこしだけどちゃんとお話できるようになったよっ!」

電話越しにそう伝えると、魅ぃちゃんの明るい笑い声が返ってくる。

『あっははは、そりゃ何より! すこ~し妬けるけど、レナがすっごく嬉しそうだから圭ちゃんちに闇討ちするの、今日のところは勘弁しといてあげよっかなぁ!』

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(5)"

| | コメント (4)

2008年3月17日 (月)

【奉納乱舞】時明し編(4)

Tokiakasi_2

時明し編(4)あなたがそこにいるだけで

 

満身創痍の圭一くんをとりあえず診療所まで運び、監督に預けた帰り道。魅ぃちゃんが弱々しく笑って、

「……あはは、大丈夫だって。その、ほら。圭ちゃん笑ってたし、そんなに悪印象はもってないよ、きっと」

「そうかな……、かなぁ」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(4)"

| | コメント (2)

2008年3月16日 (日)

【奉納乱舞】時明し編(3)

Tokiakasi_2

時明し編(3)中途半端なワルじゃない

 

私は魅ぃちゃんを連れて、いつものゴミ山に向かった。

こっちの無理なお願いを聞いてもらうのだからと、すこしサービスのつもりで私の隠れ家に案内する。

「……へぇ~、けっこう居心地よさそうだね!」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(3)"

| | コメント (2)

2008年3月15日 (土)

【奉納乱舞】時明し編(2)

Tokiakasi_2

時明し編(2)乙女ちっくが止まらない

 

 自分の前で問題発言を繰り出す転校生と

ケンカをする時、レナは容赦しなかった

たいていはまずれなぱんで相手をめった打ちにする

これで確実に相手は一時間は足腰たたなくなるのだが

そのあとに鳩尾への一撃! これが恐れられた!

呼吸を止められるような独特な衝撃があり、

殴られた者は半日は保健室送りになる

格闘王の才能の片鱗だったのだが、

この時、本人はまだ知らない―――」

 

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(2)"

| | コメント (3)

2008年3月14日 (金)

【奉納乱舞】時明し編(1)

Tokiakasi_2

時明し編(1)天使になんてなれなくて

 

あぁあ、やっちゃった……なにやってるんだろ、私!?

転校したての通学路でクラスメイトの女の子に会って、挨拶したけど返事がなくて、やっと挨拶したと思ったら顔が真っ赤で様子がおかしい、だから心配しておでこに触れようとしただけなのにいきなり殴り飛ばされた……なんて、どう考えたってわけがわからない。

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(1)"

| | コメント (1)

2008年3月13日 (木)

【奉納乱舞】時明し編(序)

Tokiakasi_2

時明し編(序)未来は奴等の手の中

 

それは事件の翌朝、実況見分のために大石さんの車に乗せられ、今日は休校になっているはずの雛見沢分校へと向かっている途中のことだった。

「おやぁ~? なんでしょうねぇ、あの人だかり」

「自分、ちょっと聞いてくるっす!」

続きを読む "【奉納乱舞】時明し編(序)"

| | コメント (1)

2008年3月12日 (水)

【奉納乱舞】皆黒し編(終)

※あなたはこの駄文をスルーする自由があります。
Minakurosi2 

皆黒し編(終)これぞ駄文!

 

……それにしてもラスボスがこんなあっさりと死んじゃっていいの?

この先どうやって話に収拾つけろってのさ……。

続きを読む "【奉納乱舞】皆黒し編(終)"

| | コメント (3)

2008年3月11日 (火)

【奉納乱舞】皆黒し編(6)

※あなたはこの駄文をスルーする自由があります。
Minakurosi

皆黒し編(6)鷹野三四、陰謀無惨!

 

「い、生きてる自分が時々凄いわ……」

入江診療所の病室、ベッドの上で呻く私だった。

続きを読む "【奉納乱舞】皆黒し編(6)"

| | コメント (1)

2008年3月10日 (月)

【奉納乱舞】皆黒し編(5)

※あなたはこの駄文をスルーする自由があります。
Minakurosi1

皆黒し編(5)前原圭一、非難囂々!

 

「うわぁあぁああぁああぁあっ!?」

古手神社の境内に、悲痛な声が響き渡る。

続きを読む "【奉納乱舞】皆黒し編(5)"

| | コメント (2)

2008年3月 9日 (日)

【奉納乱舞】皆黒し編(4)

※あなたはこの駄文をスルーする自由があります。
Minakurosi_3

皆黒し編(4)古手梨花、自暴自棄! 

 

「きゅう☆」

顔面から壁に激突した詩音が、妙に可愛い声をあげながらぐったりと気絶するのを見てやれやれと胸をなで下ろす。

続きを読む "【奉納乱舞】皆黒し編(4)"

| | コメント (2)

2008年3月 8日 (土)

【奉納乱舞】皆黒し編(3)

※あなたはこの駄文をスルーする自由があります。
Minakurosi_3

皆黒し編(3)北条沙都子、冷酷非情! 

 

「ローン、タンピン三色に、ドラじゃあ!」

「私もロンですわ。親ッパネ、いただきですことよ!」

続きを読む "【奉納乱舞】皆黒し編(3)"

| | コメント (4)

2008年3月 7日 (金)

【奉納乱舞】皆黒し編(2)

※あなたはこの駄文をスルーする自由があります。
Minakurosi_3

皆黒し編(2)竜宮レナ、電光石火!

 

「以上、レナの頑張り物語ィイー! いぇあー!」

黄昏色のダム現場、ゴミに埋もれたワゴンの上で往年のロッカーのように雄叫びを上げるジャージ娘さん。

続きを読む "【奉納乱舞】皆黒し編(2)"

| | コメント (2)

2008年3月 6日 (木)

【奉納乱舞】皆黒し編(1)

※あなたはこの駄文をスルーする自由があります。
Minakurosi_3

皆黒し編(1)園崎詩音、傍若無人!

 

……というわけで。

「なんですか~お姉、こんなところに呼び出したりして。私と圭ちゃんのお昼のひとときを返してよね。もちろん、利子たっぷりつけて!」

続きを読む "【奉納乱舞】皆黒し編(1)"

| | コメント (3)

2008年3月 5日 (水)

【奉納乱舞】皆黒し編(序)

※あなたはこの駄文をスルーする自由があります。
Minakurosi_3

皆黒し編(序)園崎魅音、前途多難!

 

……ど、どうも、園崎魅音です。

続きを読む "【奉納乱舞】皆黒し編(序)"

| | コメント (3)

2008年3月 4日 (火)

【奉納乱舞】夢閉し編(終)

Yumetozasi_2
(短編/圭詩)

 
 

<奉納舞 夢閉し編 終章 カーテンコール

 

一時は、本部からの緊急連絡で引き返してきた山狗たちが診療所を包囲しかけたが、無事に園崎組に辿り着いた富竹さんと鷹野さんが呼んだ番犬部隊が間に合ってたちまち制圧。作戦の全容を知る鷹野さんなら、上層部を動かすだけの証拠を提出するのはわけもなかった。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(終)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

【奉納乱舞】夢閉し編(19)

Yumetozasi_2
(短編/圭詩)

 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十九 アクション

俺が梨花ちゃんに出した指示はもうひとつあった。

園崎家の地下を通って、裏山に逃げ込むこと。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(19)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

【奉納乱舞】夢閉し編(18)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十八 ウィナー

 

意識が回復する。俺はどこかの会議室のような場所にいるようだった。靄のかかる脳から意識が落ちる直前までの思考を即座に読み出し、落ち着かない様子を装ってあたりを見回す。

「こ、ここは……」

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(18)"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

【奉納乱舞】夢閉し編(17)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十七 スケープゴート

 

目を開けると、かすかに洞窟の中が明るくなっているのがわかった。肩にもたれて眠っている詩音を起こさないように壁によりかからせ、そろそろと顔を出してみると、木々の間から薄明の空が顔を覗かせている。もう夜明けが近い時刻だ。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(17)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金)

【奉納乱舞】夢閉し編(16)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十六 ダークネス>

 

最初に列を離れたのは葛西さんだった。

山狗が人数を出しての山狩りに入り、俺たちへの包囲を狭めてきているのを感じとると、彼は即座に決断した。

「……皆さんは先に進んでください。私が、包囲の一角を引きつけます」

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(16)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

【奉納乱舞】夢閉し編(15)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十五 チェイス>

 

「機に敏感な小此木なら、発砲も辞さないでしょうね。……さて、どうするのかしら?」

お手並み拝見とばかりに笑みを見せる鷹野さん。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(15)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

【奉納乱舞】夢閉し編(14)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十四 ターゲット>

 

「なるほど……鷹野さんの口から出た情報が富竹さんを通じて東京とやらに伝われば山狗は破滅、ですか。そりゃあ向こうの勝利条件は私たちを全滅させる以外ないですね」

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(14)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

【奉納乱舞】夢閉し編(13)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十三 エスケープ>

 

「こんな人混みの真ん中を突っ切って、大丈夫かな」

富竹さんが不安そうに左右へと視線を走らせる。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(13)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

【奉納乱舞】夢閉し編(12)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十二 フラッシュ>

 

「おじゃましまぁあ~~す、なんてね♪」

一寸先も見えない闇の中に、心から楽しそうな声が響く。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(12)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

【奉納乱舞】夢閉し編(11)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十一 アンサー>

 

「それを信じろってのは……無理があるよね」

魅音が申し訳なさそうに言う。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(11)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

【奉納乱舞】夢閉し編(10)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ十 アンフェア>

 

もちろん、ノーヒントで村を探し回るなんて無謀な賭けをする俺じゃない。レナには悪いが、確実に勝てる見込みがあるから勝負を持ちかけたんだ。

だって、いるじゃないか。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(10)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

【奉納乱舞】夢閉し編(9)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ九 トリック>

 

「……そんな、どうして」

鉄パイプを取り落とした悟史が、金属バットを叩き込まれた腕を押さえて呻く。その視線は、俺の肩越しに……気絶したレナの方へと向けられていた。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(9)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

【奉納乱舞】夢閉し編(8)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ八 キャスト>

 

甘かった。……俺はつくづく甘かった。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(8)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

【奉納乱舞】夢閉し編(7)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ七 ロスト>

 

「……信じられない」

梨花ちゃんの視線が絶対零度の冷凍光線となって俺に突き刺さるのは、いかんともしがたい事実だった。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(7)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

【奉納乱舞】夢閉し編(6)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ六 イメージ>

 

ずいぶん長いこと泣き続けていた詩音がようやく落ち着いたのは、陽も落ちかけた頃だった。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(6)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

【奉納乱舞】夢閉し編(5)

Yumetozasi_2


 
 

<奉納舞 夢閉し編 其ノ五 タイミング>

 

放課後の部活を終えて、分校からの帰り道。

詩音は最近、なぜか俺の家の前に迎えの車を待たせているので帰り道が一緒になる。

続きを読む "【奉納乱舞】夢閉し編(5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)